査定額を守って不動産売却をしないといけないのですか?

不動産業者に査定をお願いすると、売りに出したい不動産の査定額を提出してくれます。

当然のことですね。

この査定額について、こんな質問を受けました。



提出された査定額で売りに出さないといけないのですか?と。



全くそんなことはありません。

基本的に売値に関しては、ある意味では自由です。

したがって、査定額が気に入らず、もっと高く売れるはずだと思うのであれば、額を大きくして売るのも問題ありません。

逆に、そんな高い価値はないと考えるのであれば、低く値段を設定するのも問題ないのです。



そもそも、査定額というのは、そのときどきで「売りに出す不動産が売れるだろう値段」のことを指します。

したがって、乱暴な言い方をすれば、正解の査定額というのは存在しないのです。

だからといって、全く信頼できない数字ではないということも頭に入れておきたいところです。



ともあれ、少しでも早く売りたいのであれば、査定額よりも低く値段設定を行うというテクニックもあります。

結局のところ、買い手市場といえる部分もあるので、やはり調整しながらというのがベターな方法といえます。



ちなみに、査定額は売りに出すとき、売り手と業者が話し合うための叩き台の役割にもになっています。

上記のように提出された査定額に疑問が残るのであれば、積極的に業者と打ち合わせて売値を決めるとよいでしょう。

これは、仲介をお願いするときも、買取をお願いするときも同様のことがいえます。

少しでも高く売りたいということが本音だと思いますので、アピールポイントがあれば、どんどんと伝えると査定額も変わるかもしれません。