買い替えをするなら売却が先?新居購入が先?

不動産売却をする方の多くは、家の買い替えが多いです。

そこで生じる疑問があります。

「売却が完了してから新しい家を買った方がよいのか?売却が完了する前に新しい家を買った方がよいのか?」と。



ズバリ、前者の「売却が完了してから」を強くオススメします。

理由は、資金の問題です。

豊富な資金を持っていて、家の1つや2つを直ぐに購入できるのであれば、どちらでもよいですが、世間一般では、このような方は、一握りだと思います。

要は、多くの場合は、売却して得たお金を元手に新しい家を購入する形になります。

したがって、お金を得る前に、新居の購入をしてしまうと、悲惨な状況にもなりかねません。



例えば、買い手がついたとしても、お金が手元に入ってくるまで油断はできないということです。

よく耳にするトラブルは「買う」となって諸所の手続きを開始すると同時に、新居探しも始め契約までしたとします。

しかし、諸所の手続き中に買い手側の一方的なトラブル(ローンが組めなかった)などで、契約ができない状況に。

残されたのは、まだ買い手がつかない不動産と、新しく購入する家ということになります。

正直なところ、これは非常に厳しい状況なので、避けたいところというわけです。



もちろん新居を購入するさいに、売りに出している不動産のローンが残っているため、購入できない場合もあります。

しかし、希望的な観測で動いてしまうと、先のようなトラブルになりやすいです。

したがって、買い替えのときは、しっかりとお金を手にしてから新居購入をするようにした方がベストです。